検索結果:

본문 바로가기

サイト内検索

検索結果:

詳細検索

00 の検索結果

掲示板
1件
掲示物
39件

4/4 ページ表示中


経済・産業 掲示板内検索結果

  • (1)インフラ建設を推進北京奥運(オリンピック)経済研究会の陳剣・執行会長の五輪経済をめぐる記事が25日、「人民日報」に掲載された。主な内容は次の通り。 2008年に開催される北京五輪は、近代五輪の100年ほどの歴史の中で、初めて中国で開催される大会となる。中国の経済成長に五輪という要素が加わったため、市場の人気が大幅に高まり、五輪開催都市でのインフラ投資の伸びが牽引され、さらにはその他の地域や関連業界への投資にも影響を与えた。07年は年間を通じて五輪関連の都市インフラや競技場への投資が行えた最後の年であり、この12カ月間に中国の経済成長は国内総生産(GDP)成長率が4年連続で10%を超えて…

  • (2)産業構造の調整を促進 中国経済は急成長を維持しているが、それと同時に、発展モデルが根本的に変わっていないことから、大量の投資、大量の消費、大量の汚染物質排出に基づく低効率の発展モデルが、資源の利用や環境保護にとって大きな課題となっている。北京市は環境保護・生態保護建設への投資を増やし、産業構造の調整を加速させ、経済発展モデルの転換と生態環境の質の改善を促進してきた。 資源節約型で環境に優しい社会を建設し、経済発展における資源・環境面でのボトルネックを解消するために、国は「第11次五カ年計画(2006~2010年)」発展プランの中で、単位国内総生産(GDP)当たりのエネルギー消費量について…

  • (3)地域経済の発展を推進北京五輪は一連の新たな記録を生み出す可能性がある。たとえばマスコットの数や売上高が歴代五輪中の最高に達し、市場開発による収入が新たな水準に達し、競技場建設の規模や水準が世界のトップレベルに達する可能性がある。聖火リレーでは、最多のランナー、最長のリレー時間とリレー距離、最高海抜のリレー区間の4つの記録をうち立てる見込みだ。 国は五輪開催準備の過程で、五輪経済の作用を最大限に拡大させようと努力してきた。より多くの都市に協力を呼びかけた結果、開催都市として、主催都市の北京市はもとより、ボート競技が行われる山東省青島市、馬術競技が行われる香港、サッカー予選が行われる上海市、…

  •      五輪ブランド戦略を実施 五輪は世界的に注目されるスポーツの盛典だ。五輪の準備・開催を通じて開催国の影響力が高まることは、五輪経済の重要なポイントと考えるべきだ。 五輪は、中国がより一層世界の仲間入りをし、世界に中国をよりよく理解してもらう上で、歴史的なまたとないチャンスとなる。2008年は五輪イヤーであり、中国の改革開放30周年でもある。過去30年に中国の経済・社会は発展し、極めて大きな成果を挙げた。だが中国の急速な発展が世界にとりどのような意味をもつかについては、世界中でさまざまな議論が繰り広げられている。中国は特色ある、高水準の五輪を開催して、中国の平和的発展が調和の取れた世界を…

  •       (5)ポスト五輪リスクを軽減 五輪を開催するには、大量のスポーツ施設や都市インフラの建設・改修を行い、開催期間中の「爆発的な需要」に対応しなければならない。五輪が終わると、需要はあっという間に低下する。このような投資ニーズの巨大な落差は、ポスト五輪経済のリスクを形成する基本的な要因だ。投資の減少による経済成長の変動のほか、ポスト五輪リスクとしては、スポーツ施設があまり利用されなくなり、無駄なリソースとなることも挙げられる。北京市は五輪の準備がスタートした頃から、ポスト五輪の経済リスク対策を明確に認識し、リスク軽減のために一連の措置を取ってきた。 北京市は投資を合理的に指導してきた。…

  • 北京五輪経済研究会専門家の推計では、北京五輪の総収入は約20億ドルに達するという。 オリンピックが中国に巨大な経済的な利益をもたらすことは間違いない。データでは、五輪経済の北京の経済成長への貢献は顕著だ。国家統計局北京調査チームと北京市統計局がまとめたレポートによると、2005~2008年の「五輪投入期」の北京市GDPの年平均伸び率は11.8%で、「第10次五カ年計画(2001~2005年)」期を0.8ポイント上回る。中でも2007年の北京市GDPへのけん引効果は1.14%と最も大きく、2008年は0.85%になると見込まれている。2004~2008年の間は、五輪開催により北京のGDPは105…

  • 米「フォーチュン」誌は7月9日夜、同社サイトで2008年度世界500社番付を発表した。上位3社の顔ぶれは、ウォルマート、エクソンモービル、ロイヤル・ダッチ・シェルと前年とほぼ変わらず。中国企業は史上最高記録を樹立、ランクインした企業は33社(大陸部25社、香港4社、台湾4社)に達した。このうち、中国石油化工株式公司(中国石化)が中国企業として最高順位の16位に入った。「国際金融報」が伝えた。 今年のランキングでは、米国企業の不振が目立った。ランクインした米国企業の数は前年の162社から153社に減少、ここ10年来の最低となった。うち、サブプライム危機問題の波を大きく受けた米国金融企業の順位が急…

  • 中国海洋石油有限会社(中海油CNOOC)は2日、同社の南中国海にある文昌油田郡がテスト生産に成功したと発表した。この油田では7つの油井が稼動しており、原油の日産量は約1万4000バレルに上っている。 文昌油田群は南中国海西部海域の珠江河口に位置し、文昌19-1、文昌15-1、文昌14-3、文昌8-34という4つの油田からなっている。文昌19-1油田は、同油田群の中で最初に生産を始めた油田で、推定最高原油日産量は1万8800バレル以上。その他の3つの油田も年内に続々と生産に入る予定だ。 中海油の劉健執行副総裁によると、文昌油田群の開発過程では、開発コストを下げるために、近くの油田と共同で開発する…

  • 温家宝総理は5月21日、北京で国務院常務会議を開き、地震対策を引き続き手抜かりなく行い、マクロ調整を強化して物価上昇を抑制し、経済の安定かつ速い発展を維持することを強調した。また被災地の復旧に中央財政が700億元を拠出し、「各クラスの党・政府機関と国有企業・事業体は、会議、接待、出張、公用車などの経費を削減し、海外出張の回数を控える。公用車の購入を制限し、党・政府機関のオフィスビルの建設への認可を一時停止する。中央国家機関の今年の公用経費は予算より5%減らし、地震対策の費用に当てる」ことを明らかにした。温総理の発言の要旨の一部は次のとおり。 一、 地震対策や救援作業に全力を尽くす。引き続き下…


Copyright © china7.jp. All rights reserved.