西南地区

華岩寺

컨텐츠 정보

본문

重慶華岩寺は、重慶市の西南郊外の九竜坡観光地にあり、市内から23キロ離れている。華岩寺は山を控え、水に望んでおり、雄大壮観であり、大老山の大雄宝殿、接引殿、華岩洞穴という3部分からなっている。建築面積は、部屋が300もあって1万㎡に近く、寺院の敷地面積が約5ヘクタール。山は緑、水は清い、林、竹林は茂っており、泉の水はさらさら流れている。「巴山霊境」として広く知られている。四川東部の第1名刹とされているし、国家の特別保護文化財に指定されている。
華岩寺はその歴史が悠久で、伝説では唐、宋の時代に作られて、その後歴代の増築により、現在の規模になっている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 148 / 1 ページ
お知らせ 0