西南地区

楽山>烏龍寺

컨텐츠 정보

본문

烏龍寺
烏龍寺は、唐代に創建た禅宗の寺院でもとの名は正覚寺だったが、北宋の時に烏龍寺と改称されたという。
境内の建物は山を控え、その起伏を生かして巧妙に配置されているのが特徴的で天王殿、阿弥陀仏殿、弥勒殿、観音殿、大雄殿、羅漢堂竺殿宇などがある。中でも大雄殿に安置されているシャガ、文殊、普賢という三尊仏像は1930年正殿を修築する時に杭州から運んできたが、身長3メートルでクスノキの木彫りで全身金箔されている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 148 / 1 ページ
お知らせ 0