西南地区

成都>宝光寺

컨텐츠 정보

본문

宝光寺は成都市新都区宝光街に位置する、東漢時代に作られ、唐の時代になってから大石寺と呼んだと伝えられているが、のちに唐の僖宗は、ここに泊まったが、ある日の夜は境内にある塔から光がきらきら輝いているのを見て宝光寺と改称したという。最盛期の宋時代には僧侶が3000名もいたが、戦争で壊された、清朝の二百年に渡って不断に増築の工事がなされ、現在の15殿16院となった。現在は四川省の文化保護単位になっている。建国以来は周恩来、朱徳、江沢民、鄧小平なども訪れた事がある。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 148 / 1 ページ
お知らせ 0