西北地区

西安市>車馬坑遺跡

컨텐츠 정보

본문

車馬坑遺跡は西安市の西25キロの豊河西岸にある張家村付近にあります。1955年に西周遺跡を発掘した際に、発見された車馬坑はおよそ十ヶ所で、そのうち4つが整った状態で発見され、その中のひとつが展示されています。車馬坑は長さ5.6m、幅3.4m、深さ2mの長方形でガラスを張って保護されている。
 発掘された車馬や装飾品を見ると、三千年前の金属工、木工、皮革などの手工業技術が十分に発達していたことがわかる。この遺跡は西周の社会を知る上で貴重な資料を提供した。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 61 / 1 ページ
お知らせ 0