西北地区

西安市>藍田原人遺跡

컨텐츠 정보

본문

藍田原人遺跡は于県の東南20キロの公王嶺にあります。
1963年5月、中国科学院などによる実地調査隊によって中年女性の原人の頭蓋骨の化石が発掘された。 頭骨が厚く、額は平らで、眉骨がたくましく、下あごが突き出したこの化石の鑑定の結果、およそ90-100万年前のもので北京原人よりも更に古く、藍田原人と名付けられました。同時に出土した動物の化石が40種類ほどあり、山の斜面には原人展覧ホールがある。

 

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 61 / 1 ページ
お知らせ 0