西北地区

西安市>鴻門宴遺跡

컨텐츠 정보

본문

鴻門宴遺跡
秦の始皇帝陵から約六キロ離れた西南に鴻門堡村という小村があり、この村は歴史上に発生した重大事件【鴻門の会】の遺跡の所在地です。鴻門は黄土大地を切り開いた洞窟状の地形です。村人は祖先から何世代もずっと、今に至るまでこの地に住み続けていますが、この黄土大地の姿は変化なく、昔の面影のままです。
1984年から鴻門の会の遺跡の発掘調査が行われ、銅剣、矛、建築材料などが出土しました。これらは非常に歴史的価値の高い物で、幕営、項王営、城壁を復元し、展示室も建設されました。
南側の展示室には鴻門の会と関係のある人物連環画、雕塑像、出土品などが展示されています。北側の展示室には項羽、劉邦の関係者の等身像がそれぞれ五つずつ並んでいます。また項王営には城壁、覇王井、虞美人井が復元されています。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 61 / 1 ページ
お知らせ 0