西北地区

西安市>大明宮遺跡

컨텐츠 정보

본문

大明宮遺跡
大明宮遺跡は西安駅の北1キロの龍首源にある全国重点文物保護単位で太極宮、興慶宮とともに唐長安城の三大宮城のひとつに数えられます。
貞観八年、李世民は城の東北の禁苑内にある龍首源に「永安宮」を建て、そこを父李淵の避暑地にするつもりでしたが、完成する前に李淵は亡くなりました。
 貞観九年に名称を大明宮と改め、龍塑二年にさらに拡張されて蓬莱宮と改名されましたが神龍元年にまた大明宮の名称に戻りました。 その後、唐の歴代皇帝は大明宮に住み、ここが国の政治の中心となりました。
 大明宮の周囲の長さは15里、正方形の形をしています。 宮中の建築仏は3つの部分から成り、それぞれが塀で仕切られています。大明宮は中国の古い建築の傑作でしたが、唐末期に朱温によって破壊されてしまいました。現在、遺跡には元殿、麟徳殿、三清殿、翔鸞閣、栖鳳閣、太液池、蓬莱亭などの址が残っていています。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 61 / 1 ページ
お知らせ 0