西北地区

西安市>阿房宮遺跡

컨텐츠 정보

본문

阿房宮遺跡は現在の西安市西郊外の三橋鎮の南、趙家堡と大古村の間にあり、阿城とも呼ばれる秦王朝皇宮の前殿です。 阿房宮は恵文王の時に創建され、秦王朝になってから拡張されました。当時の阿房宮の規模を非常に大きく、正殿の東西は500歩、南北50丈で、殿の上には一万人以上が座ることができ、殿の下には5丈の旗が建てられ、閣道の南端は終南山まで達し、宮殿の前には12体の銅像が立っていました。
現在、遺跡には東西1300m、南北500m、高さ20m、総面積60万平方mの土台が残っていて、当地の人は「始皇帝天台」と呼んでいます。遺跡の南にある西宝公路の脇には「阿房宮縮微園」が建てられ、多くの観光客を集めています。

杜甫【阿房宮賦】
 「露圧三百里、隔離天日、驪山北構而西折、直走咸陽、二川溶溶、流入宮塙、五歩一楼、十歩一閣、廊腰縵回、檐牙高啄、各抱地勢、鈎心斗角」<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 61 / 1 ページ
お知らせ 0