西北地区

西安市>草堂寺

컨텐츠 정보

본문

草堂寺は西安の西南約25キロメートルの青峰北麓、今の戸県草堂営村にある。草堂寺は姚秦時に逍遥園内の一部分であり、高僧鳩摩羅什が当時、仏教を翻訳した場所である。当時の約する場所は一軒の簡単な堂庵であり、屋根に草を葺いて作ったので草堂寺の名前はここから由来したという。境内の西側には唐時代に建てられた高さ2.34メートル、八面12階の「姚秦三蔵法師鳩摩羅什舎利塔」がある。また境内は長安八景の一つである「草堂烟霧」がある。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 61 / 1 ページ
お知らせ 0