西北地区

西安市>楼観台

컨텐츠 정보

본문

楼観台は中国の有名な道教聖地として天下第一福地と称されている。西安から70km離れている周至県東南15kmの終南山の麓に位置する。道教教祖の老子がここで『道徳経』を書いたと伝われる。院内は竹林が生茂り、古木が陰を成し、昔から洞天福地の名で知られている。今残っている旧跡は,主に説経台、煉丹炉、呂公洞、化女泉、楼観塔、宗聖宮、会霊観、玉華観、延生観、老子の墓などがある。楼観台は、南は秦嶺山脈がせまり、北は渭水に臨んでいる。竹が茂り、故木で日陰になっており、「洞天福地」と呼ばれ、景色が素晴らしく、観光地となっている。

 

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 61 / 1 ページ
お知らせ 0