西北地区

蘭州市>金天觀

컨텐츠 정보

본문

金天觀は蘭州市七里河西晋楼東側にある明惠帝建文2年に設立した道教寺院である。観内には雷祖神像があって雷蝮宸ニも呼ばれる。 民国年髣エ(1912窶鐀1949)と文革期間に大部分が破壊されたがその後復元された。観内には金天観殿閣と歩廊が静かな美しさを漂うしその後は松柏が立っている。雷蝮宸・Sに東に坦祠、 西の方に吾祠、西の方に花園で構成されている。毎年旧暦 8月初 8日になるとこちらで雷蝮帛コ刮・ェ開かれるが現在こちらは労動者文化宮として利用されている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 48 / 1 ページ
お知らせ 0