西北地区

蘭州市>五泉山公園

컨텐츠 정보

본문

五泉山公園は蘭州市南側に位した公園に形成された風景区として2,000余年の歴史を持った聖地でもある。 海抜 1,600メートル高さに総26万平方メートルにわたって形成されたこちらには伝説の五泉である恵泉、甘露泉、菊月泉、摸子泉、朦泉が現存する。
当地の伝説によれば漢武帝の有能な青年将軍だった霍去病が匈奴の地に遠征した頃喉の渇きに苦しんだ彼と援兵がこちらへ来て上で列挙した 5ヶ所に剣で地を突くと泉水が湧いたと言う。
以外にまた宋代立てられた道教、仏教、チベット仏教が混合した様式のお寺と1894年に落下したという髯ィ石も見物である。
毎年旧暦 4月初8日になると山頂で蠎刮・ニ各種民俗文化活動が開かれ毎年お正月には燈火祭りが開かれる。五泉山公園は蘭州市と黄河をひと目に眺めることができる所で伝説ある名勝地ながら蘭州市民の休息と娯楽場所でも活用されている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 48 / 1 ページ
お知らせ 0