西北地区

蘭州市>炳靈寺石窟

컨텐츠 정보

본문

蘭州市から35Km離れた小遘ッ石山の大寺構内に位した中国の有名な石窟中の一つである。炳靈という言葉は漢語で '千佛山'、'万佛洞'にあたるチベット語 '十万佛'を意訳したのである。
こちらは西晋建国元年の420年に建設された精巧な石造芸術品で社内に694個の石造像と82個の塑像が900平方メートルに渡って展示されている。その中唐時代の物が 2/3 以上を占め総 183個の多様な石穴がある。その中一番有名なのは169窟で60mの断崖の上にありながらも一番精妙である。この外にも石造大仏と多数の傑出した仏教作品があちこちに盛られている。 またこのような石造物たちを通じて16国時代の社会風貌と民俗情趣、音楽舞歌などの高い歴史的芸術的価値が分かる。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 48 / 1 ページ
お知らせ 0