華北地区

北京市>玉淵潭公園

컨텐츠 정보

본문

金、元代の皇帝が花や釣りを楽しんだ宮廷庭園。玉淵潭とは「皇帝のそばの水辺」の意味。清代の乾隆帝は香山から水を引き、池のほとりに釣魚台を建て、釣りを楽しんだ。
    今は自然の風景と人工彫刻が合い重なる公園になった。総面積2055万㎡。日本が以前この公園に桜を送っていて、ここは桜の名所となっている。公園の西北には敷地25万㎡の桜園もある。これは華北地区最大規模の桜園でもある。園内には遊園地やプールが整い、春は桜、冬はスケートと、市民の憩いの場として人気。鬆」和園行きの遊覧船の発着所もある。
             情報元:北京観光局

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 106 / 1 ページ
お知らせ 0