華北地区

万里の長城>慕田峪長城

컨텐츠 정보

본문

北京市内の北郊外、73キロ離れた懐柔県の北20キロの軍都山の頂に位置する。
北斉時代(555年)の長城で、明代に居庸関とともに北方の防御強化のために造営された全長2キロの長城である。
標高千メートルの地点に関所があり、ふもとからは千段の石段を登るが、ロープウェイもある。
城壁の高さは平均6メートル、幅4メートル。
勾配がゆるい場所に、射撃用の穴があり、22の望楼が50メートル間隔で作られている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 106 / 6 ページ
お知らせ 0