華北地区

万里の長城>山海関

컨텐츠 정보

본문

別名「天下の雄関」と呼ばれる山海関は万里の長城の最西端にあり、明代に馬勝によって北方からの異民族の侵入を防ぐ目的で作られた。明代はトルファンのウイグル族が侵入してきたので、ここに二重の城壁をつくり西端の砦とした。城壁は、高さ10メートル、厚さ8メートル。内城の東西に三層の望楼があり、内城の城壁に治って乗馬のまま駆け登れる馬道がついている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 106 / 6 ページ
お知らせ 0