華北地区

曲阜市>孔廟

컨텐츠 정보

본문

孔廟は,中国第一廟と称され、中国の歴代封建王朝が孔子を祭る最大の場所で中国歴代の皇帝達によって増築・補修された結果、宮殿のような壮大な建築群となり、紫禁城、岱廟と並ぶ中国三大宮廷建築の一つと呼ばれている。

孔子が亡くなった翌年の紀元前478年に春秋時代の魯国の王であった哀公は、孔子の三つの古い住居を廟に改造し、毎年孔子を祭った。その後、孔子が創立した儒家文化は中国の正統的文化となり、また、歴代の王朝は孔子の子孫を地域支配者とも言える候に取り立てたので、孔廟は拡張され続け、18世紀初期、清朝の雍正皇帝が孔廟に対し大規模な修築と拡充を行ったことによって、孔廟は今に見る大規模な古代建築群となった。
現在の孔子廟は皇居に模して造られ、敷地面積は21万8000㎡。446の部屋と2000に及んだ碑碣がある。九重に重なるようにつくられた庭があり、三つの大きな主殿が南北の中軸線上に配置され、付属建築物が左右を対称的に分布し、配置が整然としていて規則正しい。周りは赤レンガの壁で囲まれている。主体建築の大成殿は雄大で重々しい。軒下に立つ、雲と竜を深く浅く彫刻した28本の柱は芸術的価値が特に高い。建物は彫刻や彩色が施されきらびやかで美しく、古木は天を突かんばかりに生い茂り、気勢は雄大である。孔子廟の中には大量の貴重な文物や歴代の有名な石刻が2100点収蔵されている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 106 / 1 ページ
お知らせ 0