華南地区

厦門>永定客家土楼民族文化村

컨텐츠 정보

본문

厦門の西北西150km、広東省との省境近くの町・永定にある民族文化村です。漢代に黄河流域から争いを逃れて移住してきた民「客家(ハッカ)」が、この地で建てた独特の円筒形や方形の土作りの巨大な一族集合住宅「土楼」がいくつもあります。
主なものに「承啓楼」、「振成楼」などがありますが、周辺の地域には数百の土楼が点在します。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 94 / 1 ページ
お知らせ 0