華中地区

斎雲塔

컨텐츠 정보

본문

斎雲塔、正しくは釈迦舎利塔で、金方塔、白馬寺塔とも呼ばれ、洛陽白馬寺の山門の東南200メートルのところにある。
白馬寺に現存する石碑や佛籍によると、西暦68年に漢明帝の詔によって塔が建てられた。
現存する塔は金の大定十五年(1175年)に再建されたものである。
塔は正方形の密槍式になっていて、高さは13階、25メートル。
1階のひさしの下の木の組み合わせは非常に精巧で美しい。
斎雲塔は洛陽一帯に現存する最古の建築であり、中原地域に残っている数少ない金代の建築物のひとつである。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 84 / 1 ページ
お知らせ 0