華中地区

宋都御街

컨텐츠 정보

본문

宋都御街は開封市中山路北段にあり、宋代の街の姿を再現していて、1988年に作られた宋代の商店街である。
史書によると、北宋東京街は皇宮宣徳門の北にあり、州橋と朱雀門を通って城南の薫門から城外に抜け、長さは約10里、幅200歩、皇帝の来駕が出入りする尊厳に満ちた街道であった。
新しく建設された御街はかつて御街があったところに作られ、南の新街口から北の午朝門までの400メートルである。
規模はかつての御街に及ばないが、その規模と雰囲気で国内に並ぶものは少ない。
街の南端には大きな鳥居があり、その前に槍をもった兵士の石像がある。
各店舗では開封の民芸品、骨董品、書画などを販売していて、賑やかだった昔の宋を彷彿させる。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 84 / 1 ページ
お知らせ 0