華中地区

登封市>隋代舎利塔

컨텐츠 정보

본문

隋代舎利塔は法王寺の山の斜面上にあり、高さが15階で45m、周囲の長さは28m、壁の厚さが2mもある。塔は外から見ると、ひさしが密に重なっていて、内側は空心建築になって塔の一階から見上げると塔の天井が見える。高さは約41m、周囲の長さは33.72m、塔の形は12角形をしていて、中央の塔室は正八角形になっている。塔の外壁には元々梯子が架けられていたときの小さな穴が見える。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 84 / 1 ページ
お知らせ 0