華中地区

登封市>嵩陽書院

컨텐츠 정보

본문

嵩陽書院は【雎陽書院】、【岳麓書院】、【白鹿洞書院】とともに、宋代四大書院と呼ばれる。嵩陽書院が建てられたのは484年で嵩山の南麓、登封市の北3キロに位置する。東西を山脈に挟まれ、南は渓流が緩やかに流れ、広くて肥沃な田んぼが広がって、嵩陽書院の入口から周りを見ると、嵩岳諸山の峰を仰ぐことができ、登封の全景を見下ろすことが出来る。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 84 / 1 ページ
お知らせ 0