華東地区

上海市>徐家豎∮V主堂

컨텐츠 정보

본문

徐家豎∮V主堂は徐豎㈲謚乱シ路に位置している。清朝 1905年に建造し、1980年に新しく修復をしました。阿片戦争後に建てられた上海の第一番目の聖堂でもあって、中国で初めて西洋建築技法を使って中世のゴシック様式風で建てた聖堂でもある。天主堂中には蘇州で生産される金山石を使って64個の石柱を作りました。大体的な教会の姿は派手で動感ある姿で赤い煙瓦と屋根には黒鳶色の瓦あるが 煙瓦と瓦の色で純潔と沈着さを感じることができる。日曜日と宗教の祝日には多くの人々が集まって盛大な儀式を行う。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 9 ページ
お知らせ 0