華東地区

上海市>静安寺

컨텐츠 정보

본문

南京正路にある静安寺は三国時代に遡る古刹。もとは県城の北5キロ、呉淞河(蘇州河)の畔にあったものを、南宋の時代、洪水を避けて現在地へ移建された。荒廃を繰り返しながら、清代に再建、現在に至っている。境内には、大雄宝殿、天王殿、三聖殿があり、鐘楼、鼓楼、観音堂も再建が進んでいる。町中になる庶民的なこぢんまりとしたお寺で、人々の素朴な信仰を集めている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 9 ページ
お知らせ 0