華東地区

上海市>朱家角

컨텐츠 정보

본문

明、清時代に商業で栄え、当時の建物がそのままに残っている。街の縦横を水路が走り、水路に沿って白壁、黒瓦の民家が連なる。以前は32の寺、32の橋があったという。寺ができ、そこに橋が造られた、ということだ。いまでは、寺は三つしか残ってはいないが、橋は32架の全てが残っている。そのうち最も大きいのは放生橋で漕港河にかかる全長70メートルの石橋で、創建は1571年。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 9 ページ
お知らせ 0