華東地区

天平山

컨텐츠 정보

본문

天平山

天平山は蘇州市の西から15キロメートルの所に位置し、海抜が221メートルである。名人の范仲淹の高祖は山の東麓に埋葬られたから、范墳山という別名もある。彼の「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」は有名な語である。北宋の皇帝は天平山を范仲淹に賜ったことがあるから、「賜山」とも言われる。ここの楓、泉、石はとても有名で、「三絶」と呼ばれる。山麓には面積が大きい楓林がある。その中で、一番古い楓の木は四百年以上の歴史がある。秋、霜が降った後、すべての木が色づき、「万丈紅区」と呼ばれる。山の中腹には白雲泉があり、「呉中の第一水」と褒められる。山の西には二つの崖があり、まるで扉のように対立し、竜門と俗称し、また一線天とも呼ばれる。山に独特な峰や石が多くて、山の中腹に回る岩石が美しくて壮大で、「万笏朝天」と人々に言われる。山の東には范仲淹の祖先の墓があって、「范墳」と 俗称られる。山頂に望湖台があり、その上に丸い石が置かれ、太湖に向かい、照湖鏡と呼ばれる。蘇州近郊では有数の高さを誇る紅葉の名所として広く知られて太湖の観賞する良い場所でもある。

 

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 1 ページ
お知らせ 0