華東地区

杭州市>良渚文化遺跡

컨텐츠 정보

본문

良渚文化は、新石器時代末期(5300~4000年前)に長江下流地域に存在した重要な古代文明で1936年に浙江省余杭市良渚鎮で最初に発見されたため良渚文化と命名された。良渚文化では、世界で最も早く、犂による大規模な稲作が行われていたほか、大型の建築物や社会組織も存在していたことから、「東方文明の曙光」と称されて いる。良渚遺跡では近年、重要な考古学的発見が相次いでおり、「中国十大考古新発見」に5回選ばれている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 1 ページ
お知らせ 0