華東地区

上海市>玉佛寺

컨텐츠 정보

본문

玉佛寺は上海でも最も訪問する人が多い禅宗の名刹である。 平日には外国人とガイドだけ立場が可能だ。 玉佛寺は玉仏楼の中の釈迦牟尼坐像とその左側に祭っている釋迦牟尼坐像像が有名 皆白玉で作られた釈迦像で,特に玉で作ったの佛像は高さ19m,幅134cmで白玉特有のつやつやな皮膚,鮮明な唇と目つきは見る人の心を引き寄せる。 主殿の大雄宝殿の前は人でいっぱいで,焼香のために近所は煙で覆われる。 祈祷台の前にひざまずいて,頭を地面に擦るほど熱心に祈りを捧げる中国人らが多く見られる 玉佛寺に祭っている仏像は玉佛以外にも派手に彩られた四天王像,金色の三尊大仏や弥勒菩薩,明国時代の観音菩薩木像などがある。 また,4世紀から17世紀頃に至るまで,唐、宋、明、時代の経典は7,000冊に達する。 その中でも特に2階に祭っている明国時の木版佛経が有名。 境内の西の方には清真料理店も用意されている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 9 ページ
お知らせ 0