華東地区

杭州市>胡慶余堂

컨텐츠 정보

본문

胡慶余堂は北京同仁堂と並んで、中国でも有名な国薬・漢方薬の老舗であり、中国で最初の漢方薬をテーマとする博物館である。
1874年に創始され、1989年に胡慶余堂古代建築物群を基礎として建てられた漠方薬の専門的な博物館であり、中国の童要文化財でもある。胡慶余堂漢方薬博物館は清代建築を主体としている。同博物館にはが収蔵されており、特に伝統的な製薬関係の文物は最も特色がある。また展示されており館内には、名医、名薬、製薬道具と一万種類を越える薬草の展示品、160余点の文物と1000余種の漢方薬材料の標本があり、漢方薬の実演と販売も行っている。見学後著名な漢方医者に診断してもらえ薬膳料理も賞味できる。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 1 ページ
お知らせ 0