華東地区

南京市>明孝陵

컨텐츠 정보

본문

南京東部の紫金山南に位した明太祖朱元璋の王陵である。

朱元璋が生きている時既に墓の位置を決めて自分の墓を作ることを命じたと言われる。 話によれば当時にこちらを建てるために10万の軍勢を使って明永荵退十一年1413年迄25年を掛けて完成されたと言うが今から600年余りの歴史を持っている。

しかし面白くも朱元璋はこちらを完成してから 15年が経ってははじめてこちらに埋葬されるようになった。またこちらに殉葬された官吏が10人余りで兵士と部下が46人だと言う。神道の両側には象、馬、キリン模様の石獣12匹と石人4組が作られている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0