華東地区

南京古城壁

컨텐츠 정보

본문

南京城壁は1366年に建設され始めて、明洪武29(1386)に完成された古代都城壁である。 総長さが33.676kmで規模面において世界一であり、中華民族及び全人類の珍しい歴史文化遺産と言える。

南京は中国 6大古都中の一つで著名な歴史文化都市である。2400年前には既に都市が建国されたし、10ケの古代王朝がこちらで始まってこちらで消えた。 明都城というのを見れば明代南京城の規模と格調が分かることができるがあの時の遺跡たちが今までも南よ南京の主な景観を成している。

<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

 d1.jpg

明都城は600年という時間の間戦争と人類の破壊でたくさん破損されて今は 3.743km 長さの規模だけが残っている。 あの時南京城には13個の城門があったが、今まで残っているのは中華門豎褀中門、和平門, 清涼門などの四つである。 その中で一番規模の大きいことは中華門である。 南京城の正門として長さが 128m、幅が 118.5m、総面積が 15000平方メートルに及ぶ。

 

その他に清末時代に作られた城門も今まで残っているが玄武門、解放門、中山門などである。 中華人民共和国成立以後、特に開放改革以後に南京市の明朝古城壁に対する大規模の修理工事が進行され今でも5年から7年の時間にわたって全てを修理復旧する予定だと言う。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0