華東地区

南京市>夫子廟

컨텐츠 정보

본문

 

夫子廟は中国古代著名な台思想家ながら教育者である孔子を供養して祭祀を行うための所である。簡単に '文廟'とも呼ばれて'文宣王廟'とも呼ばれる。夫子廟という名前は孔子が古くから人々に尊敬の意味で'孔夫子'だと呼ばれたのでその名前から取って付けたと推測される。<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

夫子廟は中国各都市に広がっている多様な孔廟中の一つで規模は曲府の孔廟に比べれば小さいが江南を代表する故建築物ながら南京の代表的な観光地である

 

夫子廟は1034年に作られ、明清時代の建築を代表する大成殿を含めた古い建築物たちの集合体である。 戦争と火事で何回も火に燃えて1869年と1984年にわたって重建された。 最後に重建された1984年には南京市人民政府がこちらを古都文化遺産中一つと指定し専門史家たちによって補正、再建された。

 

今の夫子廟は南京の名勝古跡中の一つで古城南京の特色ある風景区で落ち着いているし、外国に知られて1991年には国家の'40大中国観光名勝地' の一つに指定された。特に 1984年に復元された以後に8千余万名がこちらを訪問し、平均的に毎日十万人の観光客がこちらを尋ねる。

 

旧暦5月初めの半月間は金陵灯会という行事がこちらで開かれ、金陵書画と武術気功、民間工芸、伝統風俗遊び等中国古代風習と文化を理解することができる行事を鑑賞することができる。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0