華東地区

南京市>玄武湖公園

컨텐츠 정보

본문

南京東北部に位した湖公園で公園の中に玄武湖という湖が位しているが公園総面積の1/9を占める。


玄武号という名前は宋代頃に湖で黒い龍が発見されたと言って付けられ、1911年に公園になったのである。


湖の中には 5個の小さな洲があるので昔は五洲公園とも呼ばれた。


各洲の間には小さな橋で繋がれていて、公園の中に遊園地、飲食店、食品店などが具備されていて南京市民たちの総合遊楽公園として利用されている。


 
こちら玄武湖の水は4季節がずっと青く各洲ことの草木と花たちが満開していて画のような雰囲気を演出する。 玄武湖は記録によれば歴史がとても古いことになって秦の元帝3年の頃から宋朝、明朝を経って水軍の訓練場所として利用されたりした。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0