華東地区

南京市>南京長江大橋

컨텐츠 정보

본문

南京長江大橋は北京から南京に来る道にこの橋が見えるとそろそろ南京に到着したことを知らせる南京の象徴でも言える。

南京市内と浦口区の間の黄金色で広い長江に長く置かれた6772m長さの橋で重慶、無漢、南京の三つの都市に掛かられている。 こちらは 2階になっていて2階が道路で下の階が鉄道である。<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

南京長江大橋は90年代前まで中国で一番長い鉄路及び道路だった。下の鉄路は総長さが 1,577mで南北両岸を繋いでいるが全体の長さを合わせれば約6,772mに及ぶ。 同時に2台の列車がパスすることができるし上の階の道路には 4車線になっている。

南京長江大橋は 1960年に工事が始まって1968年には列車と自動車が通過し始めたが中国が独自的に建設したこととして工人、学生、軍隊など各層の中国市民が力を合わして完成させたことで中国建築技術の現在をそのまま見せてくれている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0