華東地区

南京市>太平天国歴史博物館

컨텐츠 정보

본문

南京城夫子廟の西の方にある中国の唯一な太平天国歴史博物館で1850年金田の一揆から1864年天京の陷落に至るまでのあらゆる資料が展示されている。<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

 

博物館で使われている明時代のこの建物は元々明を建国した朱元璋が皇帝になる前に使った呉王府だったが、その後開国功臣(徐逹)に与えられて庭園に変わった。清代にはこ乾隆がこちらを“瞻蝗ュ”と名付けた。太平天国時代には楊秀清が王府にした所でもある

 

太平天国博物館横の贍園は南京の有名な庭園中の一つで '仙人峰'という石山を見られる。山の前には池が鏡のように輝いて、山の北側には人工瀧があってその中の亭子に座って凉しく自然を楽しむことができる。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0