華東地区

南京市>南京博物館

컨텐츠 정보

본문

 

南京市の繁華街、中山路に位した中央博物館で1950 3 9日に正式開院され国立南京博物館と正式に称された。 9万平方メートルの面積に前部は広い芝が敷かれていて、後ろに主な建物が位している。この博物館には豊かな歴代の文物と芸術品を所蔵しているが書画と陶磁器、工芸美術、地域で出土された文物と科学技術発明品に至るまでその種類も多様だ。<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

 

また院内には文物保護技術研究部があって古代文物と遺跡に対する重要な研究を続いていてこちらは博物館ながらも江蘇省の文物を保管して研究する中心センターとしても役目を果たしている。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0