華東地区

南京市>・ウ谷寺

컨텐츠 정보

본문

・ウ谷寺は中山陵東にある紫金山風景区に属した小さなお寺である。<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

元々名前は開善寺で514年南朝陽武帝の時に建設された。 あの時初めて建設された時は今の明孝陵がある処に建てられたが、明洪武帝14(1318)時明太組朱元璋が明孝陵を立てるせいで今の処に移されながら名前も開善寺から・ウ谷寺に変わった。

 

・ウ谷寺は秀麗な山勢の美しさをおさめていて衆山風景中に第一に数えられる。その中でも無量殿と・ウ谷塔はこちらの代表的な建築物である。 無量殿は1381年にこちらにお寺が移された時一緒に移して来たことで高さが22m、広さが 53.8mであるがこれは中国に現存する無量殿の中で一番大きい無量殿である。

・ウ谷塔は・ウ谷寺後側にある高さ60m98面の銅塔である。1929年中山陵の主な工程が完工された後に・ウ谷寺の裏手に改革記念塔を立てたが、これがちょうど今の・ウ谷塔である。 塔の中には階段があって頂上まで上がることができる。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0