華東地区

南京市>中華門

컨텐츠 정보

본문

明朝にあった13個の城壁の中で一番規模が大きくて雄大だった明都城の正南門である。門の長さが128mで東西幅が118.5m,総面積が15,000平方メートルに達する。<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

こちらは古代に防御のための軍事用で建てられただが、縦で長い直四角形の四重門に構成されている。また門ごとに上下で開くことができる千斥閘という門があって完全に閉めるようにしておいたし、門内部には兵士 3000人が身を隠すことができるほどの27個の蔵兵洞があったと言う。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0