華東地区

南京市>中山陵

컨텐츠 정보

본문

よく革命のお父さんだと呼ばれる孫文の号である中山という名付けて建てた所で偉大な民主革命の先駆者である孫中山先生がこちらに眠っている。
中山陵は重要な歴史的、政治的地位を持っておりこちらは 1926年から1929年の約3年にわたって完成されたが広さが6.6km, 長さが7kmで総面積が 20余平方kmに至る。 地理的には亜熱帯に属していて四季が明らかで気温が適当だ。 年平均降水量は 900-1000mm、平均気温は15.7度以上で江蘇省で一番大きい森林公園でもある。

またこちらは一人の墓というのを忘れる位周辺の自然条件と景観がすぐれて200あまりの見どころがあって600余種の自然植物と重ねて自然美と人工美が調和されたた観光地としても脚光を浴びている。

中山陵の前には大きな半月型の広場があって広場に手中山の銅像に立っている。 また中山陵で上がる参拜への階段は 392段もあり階段をすべて上がれば祭堂があってその後に墓室がある。 墓室には孫文の蜊ァ像が安置されていて地下には棺が安置されている。
6648d73dff3c20d39e3d622c.jpg

1925年3月頃、国民革命が盛んでいる時北京で孫文が死んだ後の1927年6月に孫文の葬礼が国民政府治下の南京で行われて南京郊外の紫金山麓にその遺体を埋葬した。国民政権は台湾で移した後,台北市に中山陵を作ったがその所はもちろん本当ではなくてこちら南京中山陵が本当の孫文先生の墓である。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0