華東地区

南京市紹介

컨텐츠 정보

본문

南京は蘇州で有名な江蘇省の省都であり明太組の建国地として南京大虐殺の痛い歴史を持った歴史の都市である。

総面積が 6,516緕「にのぼるそれ程大きくない都市で約 235万名の人口が暮している。 中国の 4大古都中の一つで重慶、無漢といっしょに中国の 三大火炉と呼ばれるほどに熱い処である。 しかし一方では道ごとに止められたプルラタノスと城壁に積もった多くの緑があって暑いが物静かできれいな姿で見える。

南京は明太祖朱元章が国を建てた所で11年間太平天国の首都だったし近代に立ち入ると孫文が清王朝を倒して中華民国臨時政府を置いた所でもある。後日南京大虐殺という胸が痛む歴史の現場になったりしたが、相変らず長年の歳月の歴史をおさめた古城としての姿をおさめている。

このような歴史のおかげで南京には多くの遺跡地と観光地がある。 また彼らの歴史を残して一般人に公開している博物館と記念館があって歴史を勉強することができる機会を与える所でもある。

南京市内は西側と北側が長江に面していて北には幕府山・烏竜山、東に紫金山、南側に雨花台、西の方に清凉山・獅子山などがあり、昔から軍事要地として利用されたし、周辺には護城河・秦淮河など河川と玄武湖・莫愁湖など湖があって地形の変化が多様だ。

旧市街を取り囲んだ南京城壁は高さ13縲鰀25m、 周り34kmに達して世界最大として知られている。南京は元々消費都市としての性格が強かったが、過去約 20年間に伝統的な絹物工業外に化学 ・機械 ・鉄鋼 ・食品など工業が飛躍的に発展して江蘇省最大の工業都市に成長している。

また華中地区の学術・文化の中心地として南京大学を含めた高等教育機関外にその歴史的背景によって名勝史跡が風富することでも有名でもある。紫金山南側には孫文の墓所である中山陵があり、その西の方に明洪武帝の明孝陵がある。

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 114 / 2 ページ
お知らせ 0