華東地区

寧波市>上林湖越遯鷹@址

컨텐츠 정보

본문

上林湖は中国越窯青磁の発祥地と重要な産地で、慈渓市東南15キロ、寧波市から60キロのところにあり、東漢の末から始まったという。唐宋から上林湖越窯の青磁は現在の寧波の明州を通じて、朝鮮、日本およびアラビア各国へ運ばれた。中国乃至世界の磁器史には重要な位置を占めている。今、ここに上林湖越釜陳列室があり、越釜遺跡が保存されている。越釜の遺跡は風光明媚な上林湖の湖畔に点在していて、観光客の注目を浴びている。
         情報元:寧波政府ホームページ

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 10 / 1 ページ
お知らせ 0