전체검색 결과

本文へ
サイト内検索

전체검색 결과

상세검색

中国 전체검색 결과

게시판
28개
게시물
698개

11/70 페이지 열람 중


経済・産業 게시판 내 결과

  • 温家宝総理が5日、第11期全国人民代表大会第3回会議で政府活動報告を行うと、中国が経済の持続的で急速な発展を実現するための政策・措置を確保していることが、海外メディアの注目を集めた。 日本の「朝日新聞」は「『健全な成長』へ本腰を」と題する社説の中で次のように述べた。中国は経済の持続的で健全な成長および社会の公平・正義の維持に着目しており、温総理の5日の報告もこのことを体現するものだった。中国は経済構造の輸出・投資主導型から内需牽引型への転換をはかると同時に、省エネ・汚染物資排出削減に努力し、経済の持続可能な発展を推進することを目指している。だが、これらの目標の達成は容易ではなく、持続可能な発展…

  • 住宅・都市農村建設部の姜偉新部長は8日午後、記者の質問に答えた際、「中国では向こう20年間、不動産の値上がりのプレッシャーがまだ大きいことになろう」と述べた。 記者の「若者の間に『蝸居(バラック)』と『房奴(住宅ローンの奴隷)』」といった現象が見られるが、今後住宅価格の見通しはどうなのか」という質問について、姜偉新部長は次のように述べた。 「今後の住宅価格について、個人的な見方であるが、中国では向こう20年間において住宅価格の上昇プレッシャーは依然として大きい。今後20年間、中国の都市化、工業化が速い時期で需要が大きい一方、土地の供給が限られているため、値上がりのプレッシャーはまだ大きいと見ら…

  • 国家統計局が25日に発表したデータによると、昨年末現在の全国の個人乗用車保有台数は2605万台となり、前年同期比33.8%増となった。 「中華人民共和国2009年国民経済・社会発展統計公報」によると、昨年末現在、全国民間自動車保有台数は7619万台(三輪自動車および低速貨物車1331万台を含む)に達し、前年同期比17.8%増加、うち民間乗用車保有台数は3136万台となり、28.6%増加した。 同公報によると、昨年の全国自動車生産台数は1379万5千台で、前年比48.2%増加した。うち乗用車は748万5千台で、48.6%増の急激な伸びを見せた。自動車製造業の増加値は20.3%増加、自動車関連小売…

  • 国際通信団体GSM Association(GSMA)の報告によると、携帯電話をよく使う地域を調べたところ中国大陸部は世界第4位に入った。中国人ユーザーの携帯電話での通話時間が長いのには、中国人がもともと話し好きなことや急を要する仕事が増えていること以外に、やはり通話料金の値下げで通話コストが下がっていることが根本的な理由としてあげられる。「信息時報」が伝えた。 中国が通信発達国であることを知る人は少ないが、報告からも中国人が携帯電話を使うのが好きなことはみてとれる。GSMAの報告によると、中国大陸部のユーザーの通話時間は1カ月平均420分、1日に換算すると平均15分になる。これは世界第4位の…

  • 中国商務部の発表によると、2010年1月、中国の国内投資家は世界75の国・地域の企業420社に対して直接投資を行い、非金融類投資額は総額23億6000万ドルとなった。うち、株式投資とその他の投資は16億6000万ドルで70%を占め、利益の再投資は7億ドルで30%を占めた。 また、同月の対外請負プロジェクトによる売上高は50億6000万ドルで前年同期比79%増、新規契約額は140億ドルで同12.2%増だった。 対外請負プロジェクトの対象地域の分布状況を見ると、アジアが44.7%を占め22億6000万ドルで、同81.4%増。アフリカは41.8%を占め21億1000万ドルで、同101%増。南米は3.…

  • 中国初の潮汐発電所として、甘竹灘洪潮発電所が1971年、広東省順徳で建設を開始した。その後、広東省の潮汐発電の研究は停滞状態にある。 40年近くが経ち、海洋エネルギーの研究は再び広東省の各界で注目されるようになった。その背景には低炭素経済やグリーンGDPなどの新しい概念が政府や民間から認められるようになったこと、広東省の各種陸上におけるエネルギー資源の1人当たり保有量が全国平均のわずか20分の1であることなどがある。 広東省海洋漁業局の李磊・副監視員によると、広東省の海岸線は中国で最も長く、全国の5分の1を占め、海域面積は42万平方キロメートルに達し、15の海洋エネルギー利用区がある。広東省の…

  • アメリカ財務省が16日に発表した統計によると、昨年12月に、日本のアメリカ国債保有高が7688億ドル(69兆2000億円)に達し、中国を抜いてトップになった。 2009年12月末現在、日本のアメリカ国債保有高が11月末より115億ドル(1兆400億円)増えたのに対して、中国は保有高が342億ドル(3兆900億円)減り、7554億ドル(68兆円)になった。なお、中国は2ヶ月連続で保有高を減らしている。 アメリカ財務省によると、2009年12月末現在で、他国などのアメリカ国債保有高は全体で530億ドル(4兆7700億円)減少し、減少額は史上最大になった。 「中国国際放送局 日本語部」より2010年…

  • 国家エネルギー局と国家海洋局はこのほど、「海上風力発電開発建設管理暫定弁法」を共同で発表し、沿海各省(自治区・直轄市)の発展改革部門と海洋行政主管部門に海上風力発電発展計画の作成のほか、海上風力発電建設プロジェクトの授権、審査を確実に進め、海域資源の合理的利用を促進し、海洋生態環境の保護を強化し、海上風力発電の健全かつ持続的な発展を促すよう求めた。科学日報が11日伝えた。 同弁法は計10章38条で構成、国家エネルギー局と国家海洋局を全国の海上風力発電開発建設管理の行政管理部門とし、長年平均的に高潮警戒ライン以下の沿海海域および相応の開発海域の無人島を対象に、海上風力発電プロジェクトを実施・管理…

  • 中国税関総署が10日発表したデータによると、1月の中国の対外貿易輸出入総額は2047億ドル(約18兆3267億円)で、昨年同期より44.4%増加し、2008年同期のレベルに回復した。そのうち、輸出額は21%増、輸入額は85%増でした。今年1月の輸出入総額は2008年1月に比べて、2.4%増となっている。 税関は「国際金融危機や旧正月の影響で、昨年の輸出入額は大幅に減少したため、今年1月の輸出入額は昨年同期比で大幅増となった」と分析している。 「中国国際放送局 日本語部」2010年2月10日

  • 世界ブランド組織、米中経済貿易投資総商会、米世界著名企業聯盟(WUVE)が選出した「2009年度世界著名ブランド500社」が9日に発表され、中国からは中国石油化工(シノペック)、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、神華集団(シェンファ)、海爾集団(ハイアール)、長江実業(チョンコン)など88社がランクインした。 中国本土からは79社、香港から3社、台湾から6社がランクインし、これらの企業の売上高は平均で100億ドルを上回っている。 そのほか、国家電網、工商銀行、中国移動、建設銀行、中国人寿、中国銀行、農業銀行、中国電信、中国海油、遠洋運輸集団、中糧集団、中国聯通、五砿集団、中鋼集団、一汽集団、東…


お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
819
어제
853
최대
1,120
전체
318,963


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.