• ブックマック
  • オンライン 22
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国で食べる


都一処焼麦店

3,262 2009.04.23 01:58

첨부파일

짧은주소

본문

[1]5.jpg
都一処は、乾隆三年(西暦1738年)に創業。はじめは「王記酒舗」という店名で、山西省出身の王瑞福が始めた。

「都一処」の扁額についてはいわれがある。乾隆十七年(西暦1752年)、乾隆帝がお忍びの旅に出て北京へ戻ってきた時、永定門から前門のあたりにやってきた。この日はちょうど旧暦の大晦日(この年は30日)にあたり、時間も遅く、人々はみな準備した年越し用品を持って帰宅を急ぎ、家族揃って年越しをしようとしていた。ほとんどの店はとっくに閉まっていて、王瑞福の店だけが営業していた。乾隆帝一行3人は店へ入っていった。酒を飲み、料理を食べていた3人の客のうちの一人が店主に聞いた。「この店はなんという名前だ?」王瑞福は急いで答えた。「名前はございません。」すると、客は「こんな時にまで営業しているのは、北京でもここだけだろう。『都一処』と呼ぼう。」と言った。数日後、数人の宦官が「都一処」と書かれた虎の頭が描かれた額を運んできた。そして王瑞福に、「この扁額は乾隆帝が自ら筆を取られお書きになり、賜るものだ。30日の夜ここへ来た3人の客の中であるじの姿をしていたのが、現皇帝であられる。」と言った。この時から、「王記酒舗」の名を改めて、「都一処」となった。
「チャイナネット」2008年11月


댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 33건 1 페이지
열람중  都一処焼麦店

都一処は、乾隆三年(西暦1738年)に創業。はじめは「王記酒舗」という店名で、山西省出身の王瑞福が始めた。 「都一処」の扁額についてはいわれがある。乾隆十七年(西暦1752年)、乾隆帝がお忍びの旅に出て北京へ戻ってきた時、永定門から前門のあたりにやってきた。この日はちょうど旧暦の大晦日(この年は3…

六必居老醤園

六必居は山西省臨汾出身の趙存仁、存義兄弟が明代嘉靖9年(1530年)に開いた店である。漬物が良く売れたので、その後専門に漬物を売るようになった。ここの漬物は、味が濃く、色鮮やかで、香りがよくて歯ごたえもあり、甘辛さもちょうどよい。制作過程には厳しい決まりがあり、最高の材料を使い、漬け方もおろそかには…

天福号食品厂

北京市天福号食品厂の前身は、声望高き天福号肉舗である。天福号は清代の乾隆3年(西暦1738年)に創業された。 話によると、乾隆3年に山東出身の劉鳳翔が北京へ来て生計を立てようとした。醤肉(肉の醤油漬け)の店を開き、醤肘子(豚のもも肉の醤油漬け)、醤肉、醤肚(動物の胃袋)などを売った。しかしずっと売れ…

便宜坊幸福店

明代の永楽年間に市場で、王という南方から来た人によって始められた。当時は小さくて店の名前すらなかった。鶏や鴨を完璧にさばき、その肉はぱりぱりとして口当たりがよく、値段も安かったので、とても人気があった。そうして、いつの間にか便宜坊と呼ばれるようになった。 前門外鮮魚口街の便宜坊北京ダック店は清代咸…

千紫膳 日本料理

日本料理千紫膳 店長  曾我井 充昭さん大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、そのまま同校に残り14年間教べんを執る。94年新世紀飯店オープニングに際して北京へ。顧客に料理を出しその反応を得る喜びを知り、95年龍頭公寓に千紫膳をオープン。実家は徳島県の阿南市で料亭を経営。食べ放題 168元/一人

老北京炸醤面大王

老北京炸醤面大王が生み出す炸醤面は、多くの北京人が愛してやまない味。ややこってりの豚挽き肉味とまろやかな卵味の2種類の味噌が、太目のモチモチ面によくからむ。活気あふれる店内で、北京語が飛び交い、地元ならではの醍醐味を味わえる。

四川料理 菫渚]南

北京を代表する四川料理の店でこの店の料理は旨辛いのが特徴。店内は紫を基調とした上品なテーブル席、個室などがある。

湖南料理 岳麓山屋

毛沢東の出身地である湖南地方の料理がメインで酸味のある辛さが特徴。

北京宮正味大酒楼

伝統的な内装が美しい本格的北京料理店。

嘉靖都宮廷辜、鴨店

北京ダックとは一味違う、宮廷ダック。その違いは約20種類にものぼるつけ合わせソースのバリエーション。宮廷料理を作り続けて40年のベテラン料理長が厳選した味の数々、中国古代の服装に身を包んだモデルによるショーと共にお楽しみください。

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?