作成日 : 2009-04-21 12:57|HIT : 3610
電子科技大学

1956年に設立された電子科学技術大学は数千年の歴史と文明を持っている中国成都に位しているし、交通大学, 南京工学院, 華南工学院3個学校の電気通信学科が合併して設立された学校で中国最初の7個の重点国防大学中の一つである。また 1960年に国家重点大学に選定されたし、絶えず努力で単一な電気通信学科から電気情報学技術を中心にする理工、管理、文学、生命科学など多様で総合的な大学に発展している。

世界経済の情報化、中国経済の急速な発展とともに電気科学技術大学は新しい発展段階に進入して総合的実力と全般的な学校管理、学校の規模など多くの面から質的な発展で国家<211工程>と <985工程>の重点建設項目に含まれた。

現在学校には3,000人の教員がいるし、その中には中国科学院院士が 5人、中国工程院院士が 1人、 国務院学科評価組成員が4人、 長江学者が11人、国家青年科学技術基金の獲得者が9人、 新世紀 <百万人才工程>の入選者が8人、新世紀 <優秀人才支持計画>の入選者が 29人、 博士指導教が185人、教授が274人、副教授が612人いるし、学生は一般大学生が 29,000余人、 博士と修士研究生が10,000余人いる。

同時に持続的に新しい学校管理方法を模索して職業技術学院,インターネット教育学院, 成都学院, 中山学院を設立したし、国家示範 省ソフトウェア学院, 人才培養基地, 全国職業技術教育資質養成基地に建設した。

また学校の教育雰囲気を進めて科学技術研究を強化して教育と科学研究を一緒に推進しているし、 <7個 5ヶ年計画建設>以後学校の科学技術研究資金は毎年 20%ずつ増えて 2006年には 3.3億元に達した. 過去の何年間, 学校の科学研究成果は 1.000種に達したし、その中の80%が世界的水準に到逹して 28種が国家級成果賞を受けた. また, 国内外の特許が200余個, 省級成果賞を 500余個受けたし、万余編の論文を発表して 2004年国際会議で論文発表数が一番多い学校と選定された。

電子科学技術大学は硬い科学技術研究実力と独特の専攻優秀性で中国 <西部開発> 戦略に積極的に参加している。

2001年一番目で <国家学校科学技術院>という栄誉を受けたし、国家から <成都国家集成回路(integrated circuit)設計及び生産基地>と認められた. また世界 24ヶの国家と地域, 300余個の学校と科学研究機関、大型企業との交流で 23個の大学と合作協議を達成したし、 IAM, INTEL, MOTOLOLA など世界有名な企業と連合して世界最高級水準の連合実験室を設立したし、国際的影響力の大型会議も開催した。したがって 2006年中国国際高等教育学術大学4位に上昇した。

同時に電子科学技術大学は <新しい人才を養成して学校建設を国防建設と地域経済建設に融合させて真のサービス, 卓越な貢献で全国的な新技術開発の先頭作用を起こすことができる学校に導いて進もう>を方針で国際的にエリント領域の最高級水準を揃えた学校と建設する計画だ。

留学申し込み手続き:
1. 留学申請者は学校を通じて受け付けた <留学申請表>を作成して学校に発送する.
2. 学校で受け付けた申請者の資料に異常がない場合 JW202 票に学校印鑑, 省外国事務室, 省教育委員会の印鑑を押して第1ページを申請者に発送する. 申請者は資料をもらった後に本国現地の中国大使館で Xビザを申し込む. (6ヶ月以内は Fビザを申し込む)
3. ビザをもらった申請者は学校と相談して到着日付を確認する.
4. 学校に到着した後は現地の交番(警察局)で登録して検疫所に行って身体検査を受ける.
5. 出入国管理処で居住証明を申し込む. (準備資料: カラーパスポート写真 3枚,パスポートとパスポートの複写本, 身体検査証, JW202票の第3ページ, 交番登録証, ビザ申請表, 学校の公文書)

↑ おすすめ (0)
↓ わるい (0)
コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3