作成日 : 2009-04-15 19:22|HIT : 3719
北京中医薬大学

1956年に設立された北京中医薬大学は中国最初の中医薬関連大学である。 また北京中医薬大学は中医薬関連大学中で唯一に国家重点育成大学に指定された。_?xml_:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

現在北京中医薬大学は東部学校と西部学校で構成されている、大学本部は西部学校に位置している。

現在本部は基礎医学科、中薬学院、 鍼灸学院、管理学院、看護学院、臨床医学科、インターネット教育学院、社会教育院及び文法科、大学院、国際学校、台湾、香港、マカオ中医学部、高職部、体育部など9個の単科大学と6個の学部で構成されている。

北京中医薬大学は現在中医薬専攻、 鍼灸あんま攻、 中西医学の結合攻、 中薬専攻、保健行政攻、中企業管理攻、中医看護攻など 9個の位過程が用意されているし、16個の修士位授与学科 15個の博士の位授与学科,3個のポストドクタ学研究流動所をもっている。 

には現在全日制大生が 9186人いるのにその中に本科生が 7501人、修士過程生が 1217人、博士過程生が 468人いる。

北京中医薬大学は政府奨学金留生を育成することができるし 1957年から留生入申しみを受け始めた。

2006年に北京中医薬大学には41家及び地域からた外生が1381人いたがその中で本科留生が 1062人で 修士博士過程の留生が 169人、修生が 109人だった

校が設立してから中医薬3万余名の中医薬教育人才を育成したし、世界 87個のと地域のために 13000人余りの中医薬学専門人才を育てた。

学歴科構成、績、療水準、理、外合作等色々な面で国内医薬の前を走っている。

北京中医薬大学校は外生の入育、宿泊などの事項を担する門機構として行政事務室、 留生管理事務室、育事務室、教学管理部門、FL,、予科部などがあり、東部、西部二つの学校に留生寮が揃っている。校は外育の大会広報、お問い合わせと入選考、入後の学歴,籍及び日常生活にする全般的な管理を引き受けている。

国際学校はまた各種団体と個人のために基礎中国語と中医薬に関する多様なプログラムを開設しているし、本科留学生, 長期と短期研修生及び医師資格試験研修生の募集及び教育管理も担当しているし、短期研修生は中国語,英語,韓国語,日本語,スペイン語で授業を受けることができる。

北京中医薬科大学は2005年からイランMashhad医科大学の西洋医師のために英語で受講する中医薬博士組を開設したりした。こんなクラスの場合"英語で受講しながら中国語実力を積む"のが最大の特徴だ

↑ おすすめ (0)
↓ わるい (0)
コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3