早期留学の学校選択要領 > 留学情報

本文へ
サイト内検索

留学情報


早期留学の学校選択要領

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 4,660회 작성일 09-09-02 00:44

본문

早期留学の学校


1.学校の位置と規模
学校位置が大都市に位置していた方が良いが学校規模と学生数よりは外国留学生を受けた歴史が長くなる学校をまず選択しなければならない。 小都市の場合は日本の生活用品販売場所が少なくて、生活に適応に難しいこともあってしたがって学校の位置が中国標準語圏なのかを十分に考慮して選択しなければならない。

2.中国語プログラム
中国語以外に英語で授業が進行される学校もあるので中国語科目があるのか確認するべきで留学生らだけ授業する国際班なのか中国人と共に授業できるのかも確認しなければならない。

3.教師と学生の比率
教師と学生の比率は学級の規模に影響を及ぼしかねないので早期留学生の立場では小規模の学級と教師が多い学校が有利である。

4.学校形態
国際学校、国際部がある中国学校、国際部がない中国学校、私立学校、公立学校など学校形態により費用と教育追求に少しの差がある。

(1)国際学校は主に海外商社駐在員の子供らが通って大部分は外国人特例入学準備をしていて授業が英語で進行されるので英語会話能力を向上させることができる。だが学費が想像を超越する程高いが1学期約100万円から130万円が必要とされる。
(2)国際部がある中国学校は日本留学生特別班を編成して中国語を習って一定水準に到達すれば中国人らと授業を共に聞けるのに普通6ヶ月の語学研修過程を経た後に本学年に入学して授業を受ける。 国際班入学初期に日本人だけで授業を受けるので簡単に友人と交わって遊んで学習に重視しない点には留意しなければならない。
(3)国際部がない中国学校は入学から中国人と同じように授業を聞いて生活できて短期間に中国語能力が大きく上達することができるが授業内容をよく理解できなくて中国人と摩擦が生じることがあるなど短所がある。

5.中国教育部外国人教育認可可否
学生ビザを受けることができる重要な部分で中国政府の早期留学許可にもかかわらず留学生ビザを配慮しない学校が相当多くて手続きが複雑な中国で留学ビザ問題は負担になる事もある。


6.寄宿舎
大部分の早期留学生らは寄宿舎生活をしなければならないから寄宿舎施設の有無とホームステイが可能なのかを事前に確認しなければならない。

7.中国内で学校名声
中国の学校名声は名門大学進学率と直結しているので名門大学進学を眺める立場で早期留学が可能な名門小、中、高を選択しなければならない。 あえて中国内最高の名門学校に固執するよりは留学生らの学業向上を助ける中上級の学校を選択することが望ましい。


  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 20건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
185
어제
663
최대
971
전체
137,117


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.