• ブックマック
  • オンライン 16
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

西南地区


成都>宝光寺

5,882 2009.09.18 23:03

첨부파일

짧은주소

본문

宝光寺は成都市新都区宝光街に位置する、東漢時代に作られ、唐の時代になってから大石寺と呼んだと伝えられているが、のちに唐の僖宗は、ここに泊まったが、ある日の夜は境内にある塔から光がきらきら輝いているのを見て宝光寺と改称したという。最盛期の宋時代には僧侶が3000名もいたが、戦争で壊された、清朝の二百年に渡って不断に増築の工事がなされ、現在の15殿16院となった。現在は四川省の文化保護単位になっている。建国以来は周恩来、朱徳、江沢民、鄧小平なども訪れた事がある。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 148건 1 페이지
黄陵廟

黄牛山の麓にある廟。山門、禹王殿、孔明を祭る武侯祠などが現存している.

宜昌三游洞

9世紀、白居易ら三人の詩人が詩作に興じた洞窟。他に旧跡も隣接。

張飛廟

長江南岸、飛鳳山の麓にあり、関羽の弔い合戦前日に殺された濁の猛将張飛の首が葬られたと伝わる。張恒侯廟とも言う。

華岩寺

重慶華岩寺は、重慶市の西南郊外の九竜坡観光地にあり、市内から23キロ離れている。華岩寺は山を控え、水に望んでおり、雄大壮観であり、大老山の大雄宝殿、接引殿、華岩洞穴という3部分からなっている。建築面積は、部屋が300もあって1万㎡に近く、寺院の敷地面積が約5ヘクタール。山は緑、水は清い、林、竹林は茂…

楽山>烏龍寺

烏龍寺は、唐代に創建た禅宗の寺院でもとの名は正覚寺だったが、北宋の時に烏龍寺と改称されたという。 境内の建物は山を控え、その起伏を生かして巧妙に配置されているのが特徴的で天王殿、阿弥陀仏殿、弥勒殿、観音殿、大雄殿、羅漢堂竺殿宇などがある。中でも大雄殿に安置されているシャガ、文殊、普賢という三尊仏像は…

成都市>西嶺雪山名勝観光地

西嶺雪山名勝観光地は成都市の西にある大県に位置して、総面積が483平方キロもある。最高峰である廟基礎嶺は海抜5364メートルで1年中雪が積もっている。観光地区には、樹海、雪原、高山景色、険しい峰、怪石、珍しい花と木、珍しい鳥類、激流、滝などが集まり、国家級の名勝と指定されている。大詩人杜甫は、草堂に…

열람중  成都>宝光寺

宝光寺は成都市新都区宝光街に位置する、東漢時代に作られ、唐の時代になってから大石寺と呼んだと伝えられているが、のちに唐の僖宗は、ここに泊まったが、ある日の夜は境内にある塔から光がきらきら輝いているのを見て宝光寺と改称したという。最盛期の宋時代には僧侶が3000名もいたが、戦争で壊された、清朝の二百年…

黄龍>四溝

四溝は黄竜溝より約12キロ離れる広い古氷川の谷である。観光地の海抜が2700-4200メートルで複雑で多変化の地形を持つ。天を突く高くそびえる不思議な峰があるが、又広い河原地帯もある。原始林と氷河、地震の遺跡は億万年の世の変遷を経て、なお依然として美しい田園風景と対照して妙をなす。

黄龍>竜滴水

竜滴水竜滴水は丹雲峡の一つの側谷で最高の海抜が3100メートルである。深い原始林の中で自然に形成した独自の風格を備える谷である。谷の長さが約5.5キロメートルで、地勢の起伏が大きいである。断岸の上で泉が広がり、水のしずくがカーテンのように掛ける。人に<万甲に雨を隠して、全身が雲に取り巻かれる>と感じ…

黄龍>扇子洞

扇子洞は鉄扇関ともよばれるが、唐と宋の時代に硫安古道で最も重要な関所である。丹雲峡から平武、綿陽に行く出口であり、海抜が1700メートルで河の両側の石壁は20メートルもない距離に離れている。フウ江の地理的断ち切りの最も狭い割れ目である。右岸の山の中腹は灰色の岩石はあけた扇子のように側に向き道路の上に…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?