作成日 : 2009-09-06 02:41|HIT : 4370
黄龍>扇子洞

扇子洞は鉄扇関ともよばれるが、唐と宋の時代に硫安古道で最も重要な関所である。丹雲峡から平武、綿陽に行く出口であり、海抜が1700メートルで河の両側の石壁は20メートルもない距離に離れている。フウ江の地理的断ち切りの最も狭い割れ目である。右岸の山の中腹は灰色の岩石はあけた扇子のように側に向き道路の上に被かって来る。左岸の岩が石の巣のようになっている。巣の中でも何個の石の卵があり、ハクチョウガ卵を抱くと呼ばれている。 

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3