黄龍>筆架山 > 西南地区

本文へ
サイト内検索

西南地区


黄龍>筆架山

페이지 정보

작성자 no_profile 趙子龍 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,685회 작성일 09-09-06 02:30

본문

筆架山
丹雲峡の峡谷中を通すと、ふと東南方向の山々に三つの並び立つ峰が見える。まるで一つの天然の巨大な筆掛けのようであり三つの峰は又沢山の鋭い小岩から構成する。遠くから見ると一つの筆かけに似て、近くから見ると各種類の異なっている小さい筆かけに似ている。
あの一本一本のたくましく、まっすぐにそびえた松と柏は筆かけの上に支えられた筆で、満目の景色はまるで仙人が絵を描いたようである。下流の小川の町の北で清冽な山溪に立つ山の上に窪んでいる天然の石硯がある。これは筆架山と遠くから対応して地元の人に風水の宝地と見なされている。
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 148건 1 페이지
더보기 more
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
410
어제
570
최대
580
전체
7,680


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.