作成日 : 2009-09-06 02:30|HIT : 3448
黄龍>筆架山

筆架山
丹雲峡の峡谷中を通すと、ふと東南方向の山々に三つの並び立つ峰が見える。まるで一つの天然の巨大な筆掛けのようであり三つの峰は又沢山の鋭い小岩から構成する。遠くから見ると一つの筆かけに似て、近くから見ると各種類の異なっている小さい筆かけに似ている。
あの一本一本のたくましく、まっすぐにそびえた松と柏は筆かけの上に支えられた筆で、満目の景色はまるで仙人が絵を描いたようである。下流の小川の町の北で清冽な山溪に立つ山の上に窪んでいる天然の石硯がある。これは筆架山と遠くから対応して地元の人に風水の宝地と見なされている。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3